蛇口交換や水漏れ修理を判断する方法と応急処置

蛇口から水漏れが発生した場合、パッキンを交換したり、ナットのゆるみを締め直したりして解消することもありますが、蛇口 交換が必要なときもあります。自分で修理できるのか見極めて、自分で対処できれば、工事費用を節約できます。自分で蛇口の水漏れ修理が可能か判断する基準を知っておくと役立ちます。どうしても原因や対処方法が分からない場合は、専門業者に早めに連絡しましょう。

■自分で水漏れ修理が可能か判断する基準

水がチョロチョロと出ている、しずくが垂れる程度で水が漏れる勢いが弱いときは、自分で修理できる可能性があります。水漏れの勢いが弱く、その部分の機器やパーツの部品が取り外せる場合、まだ軽度の症状である可能性があります。自分で取り外しが難しい場合は、無理せず、専門業者に依頼してください。以前に水が漏れている部位の機器を分解したときに、パッキンの劣化や損傷を見つけており、原因がはっきりしている場合は、自分で修理できる場合があります。
また、使用して10年以上経過している水道の蛇口はサビたり、ゆるみが起きたりして水漏れを起こしやすくなります。外側から見て特に問題がなくても、内部は部品が劣化し、急に破損したりするトラブルが起きることがあるので、10年を経過したら蛇口 交換することをおすすめします。

■修理の前に行う水漏れの応急処置

家の中で水漏れが起きたら、一番初めに行うことは、水道メーターボックス内の止水栓か、水道の元栓を閉め、家全体の水回りをストップさせることです。止水栓を閉めずに作業をしてしまうと、作業中に水が大量に漏れ出してしまうため、注意してください。マンションなど賃貸物件に入居している場合は、部屋ごとに止水栓を閉める必要があります。その場合はマンションの管理会社に連絡し、相談の上、作業を行います。
キッチンの蛇口から水が大量に漏れ出している場合は、流し台にある配管部分のレバーを回して水を止めます。ハンドルタイプのレバーもありますが、右に回せば水が止まるようになっています。キッチンの流し台にハンドルやレバーがついていないときは、家全体の止水栓を閉めて作業を行います。

■まとめ
自分で蛇口の水漏れを修理するには蛇口の構造、水が流れる仕組み、蛇口の種類など事前に把握し、パーツごとの役割などを理解しておくと安全に作業ができます。しっかりした予備知識があれば、自分で蛇口 交換することも可能です。その場合はキッチン、洗面台、浴室、トイレなど場所ごとによく使われる蛇口の種類があるので、タイプに合わせて蛇口 交換することになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ