自分で蛇口を交換して水漏れを修理するには

蛇口から水漏れが起きると、ポタポタと音が気になるだけでなく、水のムダ使いになります。早めに修理しないと、水道代が予想以上に高くなっているという事態になりかねません。一般的な水道の蛇口の耐用年数は10年と言われているので、10年以上経過している場合は水漏れなどのトラブルが起きやすくなります。しっかりした準備と知識があれば、自分で蛇口 交換することも可能なので、自分で修理するための手順について紹介します。

■蛇口の水漏れ修理の前に必要なチェック

初めに水が漏れている箇所をチェックします。蛇口からポタポタと漏れている場合は、パッキンが摩耗している可能性が高いです。その場合はパッキン交換かコマごと取り替えます。パイプの付け根から水が漏れている場合は、水栓とパイプを繋ぐナットのゆるみをチェックします。ゆるみがなければ、パッキンを新しく交換します。水栓の付け根から水が漏れている場合は、水栓の根元のパッキンか、ネジに巻くシールが劣化している可能性があります。
両方を新しく交換し、ハンドル下のカバーナットから水が漏れている場合は、ナットの中の三角パッキンが劣化しているので、新しく交換します。水栓のサイズは取付ネジの大きさによります。一般家庭で主に使用されているのは、直径約20ミリタイプです。蛇口 交換する場合は、事前に直径サイズを測っておきます。

■蛇口の水漏れ修理の基本手順

修理や交換作業をする前に必ず止水栓を閉めます。パッキンやコマを交換する修理なら、パッキン押さえのナットをウォーターポンププライヤーでゆるめ、上部を外します。内部のコマをピンセットなどで取り出し、ナットを外し、パッキンを交換します。後は外した順序と逆の手順で固定します。
蛇口 交換ならスパナなどを使って、反時計回りに回して取り外します。取り付け部分などのサビやシールテープを取り除き、汚れは歯ブラシなどで掃除します。取り付けは時計回りに手で回して取り付け、仕上げにスパナでしっかり締めます。修理や交換作業が終わったら、止水栓を開けて水を出します。水漏れがないことを確認してください。

■まとめ
水漏れトラブルは工具を揃えて準備しておけば、自分でDIYできる場合が少なくありません。パッキンやコマの交換なら自分で十分対応可能です。ただ、キッチンや浴室、トイレなど場所によって使われている水回り機器の種類が違い、単水栓、混合水栓というタイプの違いもあります。修理や蛇口 交換が上手くいかないときは、無理せずプロの業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ