水漏れの修理の代金は?だいたいの相場を知っておくと安心

■急な水漏れの原因と修理方法

水漏れといってもいろいろな場所と原因があります。代表的なものが蛇口です。キッチンや洗面台、お風呂など蛇口がついているところは、家の中でも複数あります。
蛇口の水漏れは、パッキンの劣化が原因であったり、水栓そのものに修理が必要な場合があります。パッキン交換など簡単なものであれば、材料もホームセンターで揃うので自分で直すことができます。しかし、水栓の交換となるとプロによる修理が必要となります。自分で修理できれば、代金も安く済みますが、直らない可能性も考えられます。
他にも、トイレやお風呂の水漏れの場合には、急を要するので早目の修理が可能な業者を探しましょう。気が付きにくい部位に、配管が挙げられます。配管からの水漏れに気づかないまま放置してしまうと、カビや床などの劣化の原因となるので、気になる際は早目の相談がおすすめです。

■修理内容によって代金は大きく変わる

水漏れの修理の場合、修理内容によってかかる代金は大きく変わってきます。パッキンの交換や簡単な作業の場合には、代金は比較的安く済みます。部品の料金だけで良いので、数千円の費用で済ませることも可能です。
反対に材料を取り寄せる必要がある修理や作業が難しいもの、複数の人数が必要なものは高額な代金が必要な傾向にあります。
水漏れの修理にかかる代金は、必要な材料費、作業員の交通費、技術料が含まれています。材料費はどの業者もそれほど大きな差はありませんが、技術料はチェックが必要な項目です。水漏れが起こったら、発生部位を確認することと大体の相場を調べておくと良いでしょう。

■代金相場を知ることでトラブル回避
水漏れの修理代金におけるトラブルを回避するためには、修理代金の相場を知っておくことが大切です。相場を知っておくことで、実際に依頼するときに目安となります。また、相手が提示してきた見積もりが異常に高額な場合には、内容を詳しく聞いてトラブルを回避しましょう。
水漏れの部位や修理の内容によって金額に差はありますが、すべてに共通する費用として技術料と出張費があります。これは業者ごとに差が出やすいポイントでもあるので、注目しておくと良いです。
見積もりは無料でも、実際に依頼するときには部品代以外にもかかる費用があることを知っておきましょう。連絡をしてからどのぐらいの日数で修理してもらえるのか、最初に確認しておくと安心できるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ