水漏れには対応のしっかりした修理業者を選ぶべき

■水道トラブルはいつ起こるかわからない

普段炊事をしたり、トイレの際にはあまり意識をすることのない水ですが、いざ水道トラブルに遭遇してしまうと改めてその大切さが身に沁みることがあります。特に水漏れは目に見える箇所だけでなく、床下や壁など気づかないところから起きるケースもあり、マンションやアパートでは階下の部屋にまで浸水の被害が出ることもあります。
水道の配管の寿命は10年から15年と言われており、それを過ぎるといつトラブルが起きてもおかしくありません。自分で修理や応急処置が可能な場所であれば大きな問題にはなりませんが、手が出せない場合には修理業者に対応してもらうしかありません。修理業者に依頼する前に、まずはどこから水漏れが起きているのか、自分のわかる範囲で構わないので調べておくとよいでしょう。

■修理業者を呼ぶまでに

突然、水漏れが起こると、どうやって修理業者を呼んだらいいか慌ててしまいます。探しやすい方法に、電話帳やインターネットで調べる方法があります。しかし、修理業者を呼んで実際に修理してもらうまでには少なからず時間がかかります。
もし給水管からの水漏れがある場合、放っておくとどんどん水が漏れ続けます。蛇口からポタポタと水が漏れてしまう程度であれば、ホームセンターでパッキンや蛇口を購入して交換することで直せる場合もありますが、自分で対応できない事態には水道の元栓を閉めましょう。
トイレの給水管から水が漏れている場合には、壁とトイレタンクの間にある止水栓を閉めれば、元栓を閉めなくても水漏れが止まることがあります。修理業者を呼ぶ前にこうした対応をしておくと、一時的に水が使えず不便ですが、被害を抑えることができます。

■よい修理業者を選ぶには
修理業者の中には相場よりも高額な修理費用を請求したり、満足できる対応をしてくれない業者もいます。こうした業者に引っかからないためには、事前に修理業者の情報をある程度集めておく必要があります。今日ではインターネットで簡単に口コミや評判を見ることができます。信頼できる情報かどうか確認した上で、参考にしてみると良いでしょう。
また、最初から一社に絞るのではなく複数の修理業者の比較検討をすることも大切です。修理受付の対応が良いかどうかも判断できる材料となるので、受付の時点から好印象である修理業者を選ぶことをおすすめします。慌てていると修理業者選びが疎かになりがちですが、水漏れなどで満足のいく修理をしてもらえるよう、しっかり検討することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ