水漏れで修理にかかる代金の内訳

■水漏れで修理が必要な場合

水回りのトラブルで多いのは、排水管パイプから水が漏れることです。接続部分から水が漏れることもあれば、パーツが破損して漏れることもあります。異物がパイプに詰まってしまい、水が逆流して漏れることもあります。
異物が原因で水が漏れている場合、異物を取り除くことで問題解決できることが多いです。この場合、修理は必要ありませんが、パーツが破損している場合や、結合部分のトラブルが原因になっている場合は修理をしなければなりません。
水漏れを放置していると、漏れた水が他のパーツに影響する可能性もあるので早急の対処が必要です。軽症であれば自分で修理して直すこともできますが、重症の場合は業者に依頼して修理してもらう必要があります。

■水漏れ修理でかかるパーツの代金

水漏れの修理をする場合にかかる代金としてパーツ代があります。排水管が原因になっている場合は、ナットやパッキンの劣化が原因でトラブルになる場合が多く、これらの交換パーツが必要です。
ナットやパッキンはホームセンターやネットショッピングで買うこともできるので、簡単な交換だけなら自分でパーツを用意して直すこともできます。パーツ代そのものは、数百円から数千円で買えるものがほとんどです。
業者に依頼する場合も、パーツ代の代金が別途かかります。パーツ代は業者だからといって高いわけではなく、一般的に販売されている代金と大きく変わりません。自分の手間を考えれば、業者に依頼した方が良いとも考えられます。

■水漏れ修理でかかる工賃の代金
業者に依頼する場合、代金の内訳として多くを占めるのが工賃です。修理の範囲に応じて工賃も変わります。工賃の設定については、1平方メートルあたりの範囲で料金を設定しているケースもあれば、この部分の修理だと何円、のように故障の種別に応じて個別に料金設定していることもあります。
業者に支払うお金は、パーツ代と工賃が大半を占めますが、他にも相談料や点検料、アフターサービス料などが上乗せされることもあります。
業者に依頼するにあたり、少しでもかかる代金は安い方が良いでしょう。しかし、費用が安くても、相談や点検などが有料に設定されているとトータルコストは増えます。水回りのトラブルでは、事前に相談や点検をして状況を確認しておいた方が良いので、相談や点検などは無料対応している業者がおすすめです。その上で、総合的に代金が安い業者を選びましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ