キッチンの水漏れ修理

■パッキンの劣化

キッチンは頻繁に水を使用するところなので、その分水漏れも発生しやすいと言えるでしょう。では、どのようなことが原因で水漏れが発生しやすいのでしょうか。やはりパッキンの劣化が多くなっています。キッチンでパッキンが使用されているところというのは、蛇口がよく知られているでしょう。蛇口のパッキンが劣化した場合には、ホームセンターなどに売られている市販のパッキンを購入して交換すれば、比較的簡単に修理することができます。
ただし、蛇口には全て同じ種類のパッキンが使用されているわけではありませんので、自宅で使用されているパッキンの種類をよく確認し、間違えないようにしましょう。さらにシンクと排水トラップの繋ぎ目の部分にもパッキンが使用されています。こちらはかなり大きな種類のパッキンになりますが、やはりホームセンターで購入することが可能です。自分で交換することも可能ですが、蛇口に比べると少々難しいので、自信がない人は業者に修理をしてもらいましょう。

■排水管の劣化

キッチンで水漏れを起こす原因は、パッキンの劣化だけではありません。排水管の劣化が原因で水漏れが発生することもあるのです。繋ぎ目のナットが緩んでいる、もしくは劣化している場合にも水漏れは発生します。かなり排水管が古くなってくると、穴が開いてしまうこともあるのです。
このように排水管のトラブルが原因である場合、ナットが緩んでいるだけならしっかりと締めることで改善されるでしょう。しかし、穴が開いている場合やしっかりとナットが締まらなくなっている場合には、排水管自体を交換しなければいけません。そのため、自分で修理するのは難しくなるでしょう。排水管だけではなく、給水管でも同じようなことが原因で水漏れを起こすこともあります。

■排水管が詰まって水が逆流する
キッチンでの水のトラブルは、やはり水漏れが圧倒的に多いと言えるでしょう。排水管や給水管、蛇口の劣化やパッキンの劣化が主な原因ですが、キッチンでは排水管の水が逆流してくることもあるのです。その原因は排水管に異物が詰まっていることです。キッチンでは食器類を毎日のように洗います。

そうすると食べかすや調理のときに完全に取り除けなかった野菜くずなどが排水溝に流れてしまうこともあるでしょう。長年このような状態が続くと、排水管が詰まって水が流れなくなり、水が逆流してくるのです。現在では排水管を掃除する薬剤なども売られていますが、改善されない場合には業者に連絡をして、しっかりと修理をしてもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ