キッチンで水漏れが発生したときはどのように修理をするか

■排水トラップから水が漏れているときの対策

キッチンで水を使用した場合、排水トラップを通ることになりますが、この隙間にはパッキンが使用されています。劣化すると水漏れの原因になることが多いので、収納部分が水浸しになっていたら必ず確認するべき点です。
もし水漏れが確認できたら、ホームセンターなどでパッキンを購入して交換をしなければなりません。このパーツの種類はいろいろあり、きちんとサイズに合う物でなければ意味がないため、注意が必要です。
他には特に何もなくても交換は可能ですが、ゴム手袋があると便利です。シンクと排水トラップをつないでいるナットは手で外せます。それから排水トラップを上に持ち上げてパッキンを交換しましょう。これだけの作業で修理が完了するので、それほど難しくはありません。作業が終わったら、実際に水を流して水漏れしている箇所がないか確かめておきます。

■キッチンの水漏れを予防する

キッチンは毎日使用する人が多いでしょう。毎日使っていれば時間の経過と共に劣化していくので、いつかは故障して修理が必要になります。そこで重要なのは、少しでも長持ちさせる対策です。普段使用する際に気をつけることによって、水漏れを予防できます。
まずは定期的なメンテナンスが重要です。キッチンでよく発生するトラブルの1つが詰まりですが、これは野菜の皮などの残りかすが排水口に流れてしまうことが原因で発生します。それならば、なるべく不純物を一緒に流さないような対策をすると安心です。
最近はゴミが流れ出さないように、受け皿のような物が備え付けられています。ただし種類によっては穴が大きいので、細かい物は一緒に流れてしまいます。そのため、網目の細かい網戸のような物を挟むなどの対策を行えば、水の詰まりが予防できます。水漏れに関しては、汚れたらきれいに拭く、水気をしっかりと取るなどの対策が有効的です。

■蛇口のタイプを知ることが大切
キッチンに取り付けられている蛇口その物の劣化によって水漏れをしている場合、パッキンを交換しても改善されません。このような場合には、蛇口の本体を交換しなければなりませんが、重要なのは使用している蛇口の種類を調べることです。さらに必要な工具もそろえておきます。これらのポイントをきちんと押さえておけば、自分自身で修理を行うことも可能です。
蛇口の種類はたくさんあり、ワンホールタイプなのか、それともツーホールタイプなのかによっても異なります。他にも壁付けタイプになっている家もありますし、最近は少なくなりましたが、単水栓の場合もあるでしょう。
必要な工具は蛇口のタイプによって異なりますが、六角レンチやドライバーがないと取り外せない場合が多く、ウォーターポンププライヤーは必要不可欠です。あとは手順を確認してから修理をしましょう。難しいと感じたら、業者に依頼した方が無難です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ