頻繁に使用するトイレの水漏れ修理

■タンクから水が漏れている

誰もが普通に使うトイレですが、水を使用している以上は水漏れが発生する可能性もあります。まずは水を流すために溜めておくタンクから見ていきましょう。タンクは通常水が溜まっている状態なので、あまりトラブルがないと思う人もいらっしゃいますが、実はレバーの開閉をするときに使用されているパッキンの劣化による水漏れが起きます。
レバーを引くと鎖に取り付けられているパッキンが持ち上がることで、一気に便器へと水が流れてくる仕組みになっているのですが、レバーを戻したときにしっかり水を止めることができないと、ポタポタと便器に水が流れ落ちてしまうのです。そうすると常に水が注がれてしまうので、水道代がかなり高くなります。早急にパッキンを交換して修理しましょう。ひび割れについては、業者に修理の依頼をする必要があります。

■便器の隙間から水がわき出てくる

それほど頻繁に発生するトラブルではありませんが、トイレと床の隙間から水漏れを引き起こす場合があります。主な原因はトイレの設置方法が悪い、床に埋められている排水管から水が漏れている、便器にひびが入っているなどが考えられます。このようなトラブルの場合には、自分で修理を行うのが難しくなります。
ただし、最初に確認しておくべきことが2つあります。それは結露によって水滴がついてしまい漏れているように見えるのではないか、もう1つはユニットバスでよくあることなのですが、風呂に入ったときや掃除をしたときに、水が床にたれたことが原因で、便器と床の隙間に水が溜まった状態になっているのではないかという点です。これはトラブルではないので、修理をする前によく観察をしておきましょう。

■パイプから水漏れしている
トイレにも水道管が使われているので、やはりパイプから水漏れが起きます。特につなぎ目の部分はナットが緩んでしまうことや、パッキンが劣化してしまうなどのトラブルが起きやすいです。まずは止水栓を閉めて水が出ないようにしましょう。ナットを閉めただけで改善されることもあるので、緩んでいた場合には試してみるべきです。
パッキンの劣化は交換が必要になるので、ホームセンターなどで購入しておくと便利です。自分で修理する自信がない場合には、無理をする必要はありません。古くなって穴が開いている、錆び付いているなどの場合には、早急に交換しなければいけなくなります。早めに修理業者に依頼すると迅速に対応してもらえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ